5月20日 あーすフェスタかながわの様子

5月20日、あーすフェスタかながわで、セネガル人ミュージシャンのンジャセ・ニャンさん、マリ人ミュージシャンのママドゥ・ドゥンビアさんと一緒に演奏してきました。
アジア・アフリカステージ、という枠内での出演でした。

f0132333_1347327.jpg


タブラ&シタールや、中国の獅子舞や女性のダンス、なども観ることができ、おもしろいステージでした。

フィナーレでは他の出演者とともに、ステージに上りました。

f0132333_13512068.jpg


この最後の場面、舞台袖から演奏を始めて、演奏しながら中央へでてくる、というスタイルだったのですが、袖から音が聞こえてきたとき、これ本当に二人だけ(ンジャセさんとダラマンだけ。ママドゥさんはこのときは演奏しませんでした)で演奏しているの?と改めてそのパワーに感動しました。

この「パワー」というのは、音量のこともあるかもしれませんが、それよりも音楽それ自体が持っているパワーのことです。

素人が50人集まっても、2人のプロのリハなし演奏にかなわない、それが音楽、だったりします。

音楽というのはじつに不思議です。
一度魅せられたら永遠にとけない魔法のようなものですね。

(文責:ジャバテミネコ)
[PR]