8月18日のクラスの様子

8月18日のクラスの様子をご報告します。

まずはジェンベから。

本日は5名の方にご参加いただきました。

f0132333_10125885.jpg


曲は引き続きマラカ。
参加者の方々が、マリの曲は初めてという方、久しぶりにいらした方…ということもあって、伴奏からしっかり復習しました。

途中で伴奏パートとソロパートを2グループに別れ、合わせて演奏しました。



続いてはドゥンドゥン。

こちらも参加者は5名でした。

f0132333_10233749.jpg


曲はサンディア。
ほとんどノンストップでひたすら繰り返し練習しました。

カソンケドゥンドゥンでは、クロッシュがたいへん重要(というか、カソンケドゥンドゥン=クロッシュと言って良いほど)です。
単にリズムに華を添えているだけでなく、リズム自体をコントロールしているとも言えます。
そのため、ひとつでも音が抜けると、リズム全体がくるってしまいます。

頭でわかっていても、身体がついていくまでにはやはり練習しかないようです。

もっとも、楽器というものはすべてそうでしょうが…。

あまり「頑張る!」という感じではなく、楽しみながら頑張って行けたら、それが一番いいような気がします。
身体に力が入っていると、楽器はうまく答えてくれませんから。
[PR]