<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

5月27日(日)、愛知県の甚目寺町のイベントに行ってきました。

甚目寺町は、2005年の愛知万博の際に、マリ共和国の担当(?)となった町です。
そのときに来日したマリ国立民族舞踊団のメンバーが甚目寺町を訪れています。ダラマンもそのメンバーの一人でした。

その愛知万博をきっかけとして、甚目寺町ではマリとの友好関係を末永く続けて行きたいという動きが高まり、そのためにはまずマリのことを知る必要がある、ということで、マリに関するワークショップを自治体レベルで開催することになったそうです。

その第一回目の講師として、FAN3(ファンサバ)代表・土屋萬佐子さんと、ダラマン・ジャバテに声がかかりました。
企画・制作は土屋さんです。土屋さんはダンスとトークの講師を務められました。

主催者のお話の後、まずは、ジェンベのワークショップです。
ダラマンのサポートは、たむたむ楽団のたくみくんとアリファルカこと赤井くんが引き受けてくれました。

f0132333_12112962.jpg


30人近くの参加者で、それこそ老若男女、なんと着物姿の女性もいらっしゃいました。
(うまく全体を撮れなかったので、ダラマン寄りの写真を載せました。あしからず)

リズムはマダン。
1時間弱の中で、2つの伴奏を練習しました。
各人各様、楽しんでいただけたようです。

続いては、ダンス。
土屋さんを講師に、太鼓と同じリズム、マダンを踊ります。
まずストレッチでウォーミングアップをしながら、アフリカのダンスについての話。
土屋さんのクラスではいつも、ただ踊るだけではなく、アフリカのダンスとはどういうものかということが、まったく知らない人にもわかるように簡潔に語られます。

f0132333_1218633.jpg


最初はなんとなく照れていた参加者も、生の太鼓演奏でどんどん乗ってくるのが伝わってきます。

f0132333_12191196.jpg


約1時間で3つのステップを練習しました。
最後にはみなさんがとても充実した笑顔をみせてくださったのが印象的でした。

お昼ごはんは、ヤッサとティガデゲナ。
なんとこの日はジェンベ・ダンスのワークショップと並行して、料理のワークショップも行われていたのです。
講師は大使館勤務のファティマタさん。

セルフサービスで、ワークショップの講師、主催者の方々、参加者がみんな一緒に食事を取りました。
その料理の写真を撮り忘れたということに、今気づきました(笑)。
おいしかったです、すみません(笑)。
いつかKhassoでも企画しようかなと思いますので、お許しを。

さて、午後はトークの時間でした。
「眠くなったら寝ちゃっていいです」とは土屋さんの言葉。
実際そんなかたもいらしたような…。

まず、2003年にFAN3(ファンサバ)がマリ国立民族舞踊団を招聘したときの公演の様子を観ました。もちろん、ダラマンも出演しています。

f0132333_12343556.jpg


FAN3(ファンサバ)という団体を作るきっかけとなった、舞踊団との出会いからお話が始まり、土屋さんが経験されたことを軸に、マリの文化について、映像を交えながら、語られていきました。

途中からダラマンも参加し、音楽のこと、ジェリ(グリオ)についてなども話されました。
予定外でしたが、ダラマンがンタマを演奏する場面もありました。
(ここも写真撮っておけば良かったですねえ。いろんなことしながらなのでなかなか難しいです)

そして、最後にダラマンとたくみくん、赤井くんによる演奏がありました。
長野からワークに参加者してくれたひろくんがサポートに入ってくれました。

f0132333_12425726.jpg


ここはやっぱりダンサでしょう。ということで、ダラマンはドゥンドゥンを引っさげて(文字通り)…

f0132333_12442599.jpg


写真、ぶれちゃいました。

そして、この太鼓でじっとしていられるわけもない土屋さんが…

f0132333_1245913.jpg


ひゃー、楽しい楽しい。いや、ほんとに。
その証拠に…

f0132333_12455113.jpg


ファティマタさんもじっとしていられませんでした。
日本ではめったにこんな場面はないでしょう。

最後に、ワークショップの参加者有志が加わって、マダンを。
ダラマンはジェンベを叩きます。

みなさんが準備をする間、大使館のマイクさんを前に、グリオティスム。

f0132333_12483928.jpg



そして太鼓のみなさんが加わって…

f0132333_12493385.jpg


さらにダンサーも加わって…

f0132333_1253119.jpg


長いような短いような一日でしたが、とても楽しかったです(って小学生の作文か?)。

とにもかくにも、参加者のみなさんには、マリについて、理屈ぬきでなにかしらが伝わったのではないかと思います。
そしてその「理屈ぬき」というのが結構重要な気がするのですが(これは土屋さんもトークのなかでおっしゃっていました)、どうでしょうか。

ともあれ、これからも、甚目寺町のこの取り組みが発展していくことを願ってやみません。
また、このブログを読んでくださった方が、マリに興味を持ってくれればそれもまた喜ばしいことです。

(文責:ジャバテミネコ)
[PR]
5月20日、あーすフェスタかながわで、セネガル人ミュージシャンのンジャセ・ニャンさん、マリ人ミュージシャンのママドゥ・ドゥンビアさんと一緒に演奏してきました。
アジア・アフリカステージ、という枠内での出演でした。

f0132333_1347327.jpg


タブラ&シタールや、中国の獅子舞や女性のダンス、なども観ることができ、おもしろいステージでした。

フィナーレでは他の出演者とともに、ステージに上りました。

f0132333_13512068.jpg


この最後の場面、舞台袖から演奏を始めて、演奏しながら中央へでてくる、というスタイルだったのですが、袖から音が聞こえてきたとき、これ本当に二人だけ(ンジャセさんとダラマンだけ。ママドゥさんはこのときは演奏しませんでした)で演奏しているの?と改めてそのパワーに感動しました。

この「パワー」というのは、音量のこともあるかもしれませんが、それよりも音楽それ自体が持っているパワーのことです。

素人が50人集まっても、2人のプロのリハなし演奏にかなわない、それが音楽、だったりします。

音楽というのはじつに不思議です。
一度魅せられたら永遠にとけない魔法のようなものですね。

(文責:ジャバテミネコ)
[PR]
5月20日のクラスの様子をご報告します。

今回はドゥンドゥンクラスのみの開催でした。
参加者は3名でした。

f0132333_1395350.jpg


リズムは引き続き、ダンサ。
例によって、参加者のみなさんに、学んだところまでを叩いてもらいます。
ちょっとあやしいところでは、「あーん?」とダラマンのツッコミが。

f0132333_13121987.jpg


手本を示しつつ、先へ進みます。

ここ何回かで、すべての参加者がつまづくポイント。
今回もすんなりとは行きません。

f0132333_1317866.jpg


ぐっと近寄って、一人ずつ撥さばきの指導を受けます。
離れて見ていると、なんだか料理教室のようでした(ごめんなさい!)。

来週はクラスがお休みの為、再来週までこの部分をじっくりと練習するようにという宿題が出されました。

次回はサンディアとダンサのおさらいをして、首尾よく行けば、新しいリズムに入るようです。
全くの初心者の方には、始めるのにちょうどいい機会かもしれません。
もちろん、いつでも「始めたいとき」が「いい機会」なのですが。
[PR]
<6月のクラス日程>

5月に3回しかできなかった分、といってはなんですが、6月は5回開催します。

★6月2日(土)
13:15-14:45 ジェンベ
15:00-16:30 カソンケドゥンドゥン

★6月9日(土)
13:15-14:45 ジェンベ
15:00-16:30 カソンケドゥンドゥン

★6月16日(土)
18:15-19:45 ジェンベ
20:00-21:30 カソンケドゥンドゥン

★6月24日(日)
13:15-14:45 ジェンベ
15:00-16:30 カソンケドゥンドゥン

★6月30日(土)
13:15-14:45 ジェンベ
15:00-16:30 カソンケドゥンドゥン

※上記いずれかの枠が、ダンスクラスに変更になる場合があります。
 変更の際にはブログにて告知いたします。

<会場&交通>  http://keyaki.city.setagaya.tokyo.jp/web/
■弦巻区民センター(東京都世田谷区弦巻1-26-11)
★多目的室 ●第一音楽室 ▲第二音楽室
・世田谷線世田谷駅徒歩12分
・田園都市線駒沢大学駅または桜新町駅各徒歩14分
・バス向天神橋(渋谷駅~弦巻営業所、等々力操車所~祖師ヶ谷折返所)

<料金>
各クラス3,000円(1日通しで受講の場合、合わせて5,000円)

<注意事項>
・事前に下記連絡先まで電話またはメールにてお申し込み下さい。
・ジェンベ、ドゥンドゥンのレンタル(料金各500円)をご希望の方は、数に限りがございますので、お申し込みの際にお問い合わせ下さい。
・都合により、プログラムに変更が生じたり、中止になる場合があります。あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ/お申し込みは:
e-mail : khasso@excite.co.jp
電話 : 080ー5373ー4150 ジャバテミネコ
[PR]
日比谷のアフリカンフェスタと被ってしまいますが、5月19日、20日に横浜・本郷台であーすフェスタかながわ2007というイベントがあります。

多文化共生社会の実現に向けて、異なる文化の相互理解を深める機会を作るために開催されているイベントだそうです。
詳しくはこちらを御覧下さい。→http://www.k-i-a.or.jp/earthfesta/

二日目の20日のステージイベントにセネガル人ミュージシャンのンジャセ・ニャンさん、マリ人ミュージシャンのママドゥ・ドゥンビアさんが出演しますが、ダラマンも一緒に演奏します。

今週末の話なのですが、実は詳しいことはあまり知らされていません(笑)。
ダラマン本人にとっても、どんなステージかは、「行ってからのお楽しみ」となりそうです。

ステージイベントだけでなく、いろいろな企画があって楽しそうです。
お近くの方、お時間のある方は、ぜひ足をお運び下さい。
[PR]
5月19日(土)19時(予定)から、浜松町のアフリカンレストラン・カラバッシュにて、恒例のマリ人ミュージシャン、ママドゥ・ドゥンビアさんのライブがあり、ダラマン・ジャバテも出演します。

19日といえば、日比谷公園でこれまた恒例のアフリカンフェスタが開催されますが、その初日です。

フェスタに顔を出して、帰りにカラバッシュでもう一度アフリカンを味わって、というのも悪くないのでは?

このライブは、ママドゥさんのコラ、ンゴニ、ギターという、弦楽器がメインの落ち着いた雰囲気でありながら、いつも必ず誰かしらが踊りだすという、独特のおもしろさがあります。
何時に終わる、と決まっていないのもアフリカっぽいですね。

確実に入りたかったら、予約を入れたほうが無難かもしれません。
[PR]
5月20日のクラスは、都合により下記のように変更させていただきます。
よろしくお願いいたします。

★5月20日(日)
18:15-19:45 ジェンベ → 中止
20:00-21:30 カソンケドゥンドゥン

その他会場などには変更はありません。

20日の昼間、あーすフェスタかながわ(http://www.k-i-a.or.jp/earthfesta/)というフェスティバルで、演奏することになったためです。
ンジャセ・ニャンさん、ママドゥ・ドゥンビアさんとともに出演します。



クラスに関するお問い合わせ/お申し込みは:
e-mail : khasso@excite.co.jp
電話 : 080ー5373ー4150 ジャバテミネコ
[PR]
クラスの様子をご報告いたします。

ジェンベクラスの参加者は3名でした。

f0132333_10121593.jpg


リズムは先週に引き続き、ングリ。
復習もかねて、まずは伴奏から。
ソロの第3フレーズまで進みました。

f0132333_10143225.jpg


最後の質疑応答では、このリズムの特徴の説明と合わせて、太鼓のリズムとダンスがどのようにかかわっているかや、オリジナルとテアトラル(見せる為の演奏)との違いについての解説がありました。


続いて、ドゥンドゥンクラス。
3名の参加者がありました。

f0132333_1018415.jpg


前回同様、本日もカソンケ・ドゥンドゥンは全く初めて、という方がいらっしゃいました。
バゲットとクロッシュの持ち方と、ポジションの説明の後、伴奏から始めます。

リズムは引き続き、ダンサ。
全員の伴奏でダラマンが軽く叩いたあと、続けて参加されているお二人に、これまで習ったところまでを叩いてもらいます。

その後、新しいフレーズに入りました。

f0132333_10274123.jpg


バゲット捌きの難しいところでは、質問もあり、近くで打面を見せながら解説。
その部分については次回までの課題となりました。

次回の開催は5月20日の予定です。
(都合により変更する可能性もありますので、このブログでのご確認をお願いいたします。)
[PR]
以前、「You Tubeでカソンケ・ドゥンドゥンの映像を見たけれども、あれはダラマンでは?」と知人から聞かれたので、確かめもせずに「多分そうでしょう」と答え、そのままになっていたので、最近、検索して確認してみました。

確かにダラマンの映像がありました。

それは2003年に彼の生徒の友人が、彼の家に滞在していた時に撮った映像で、すでにとあるサイトで紹介されているものです。

この映像については、私がそのとあるサイトを発見して示すまで、本人は実際に見たことはなかったのですが、サイトで紹介されていることについては撮影者から聞いており(多分そうする、といった程度だったようですが)、知っていました。

しかし、You Tubeにそれをアップしたのは、アメリカに住む(らしい)全く知らない人です。
そしてアップされていることも、知人に問われて調べるまで全然知りませんでした。

著作権の問題などはさておくとしても、釈然としない気持ちになります。

草原の中、美しい蝶(子供の頃と違って、今は蝶が美しいとはあんまり思えなくなっていますが)が飛んでいたら、どうしますか?

私はその場に立って見とれるでしょう。
疲れるまでは距離をとりつつ追って見るかもしれません。
どこかに行ってしまったら、しばらくその場で余韻を味わうかもしれません。

けれども、美しい蝶に出会ったら捕まえなければ気の済まない人もいて、そうして捕まえた蝶を採集箱の中へ入れ、それをひとに見せたい人もいます。さらにはその採集箱を売り買いしたりもするのですね。

ふと、トニー・ガトリフ監督の『ガッジョ・ディーロ』を思い出しました。

(文責:ジャバテミネコ)
[PR]
by khasso | 2007-05-11 00:14 | 音楽
5月5日、連休の終わり際、様々なイベントがあったことでしょうに、地味な(笑)クラスへ参加していただいた方々には感謝いたします。

最近ふと考えたのは、ダラマン・ジャバテが日本で太鼓のクラスをやる意義ってなんだろう、ということです。

巷(特に東京)には、ジェンベを教える人が溢れています(カソンケ・ドゥンドゥンを教えられるのは現在のところ日本ではダラマンだけですので、脇においておきます)。

日本人、アフリカ人(という人種はいませんが)、様々な経歴の人々が、それぞれのやり方でそれぞれの目的を持って、クラスやワークショップを開いています。

参加者についても様々ですが、大きく二つのタイプに別れるような気がします。

ひとつは、技術的なことを教わりたい、という人々。
自ら意識しているにせよしていないにせよ、例えば、たくさんのリズムのパターンやフレーズを知りたい、音色のたたき分け方をマスターしたい、かっこいいたたき方を身に付けたい、うまくたたけるようになりたい、などなど、ジェンベの奏法や演奏することそのものに感心がある人たちです。

もうひとつは、ジェンベを包含する文化に興味を持つ人々。
たたくことにはもちろん興味がある、けれどもその根源にあるもの、またはその背景などに興味の範囲が広がっていき、それらについて知りたい、と思っている人たちです。

どちらがいいとか悪いとか、ここでそういうことをいうつもりはありません。

最初の話に戻りますが、ダラマンが日本で太鼓クラスを開く意義はまさにここにあるのではないかと思ったのです。

ジェンベの先生は日本にたくさんいます。しかし、この二つのタイプの要求双方に応えられる人は、そう多くはないのではないかと想像します。

「音楽の国」ともいわれる西アフリカのマリにジェリ(グリオ)として生まれ、幼少の頃から30年以上太鼓を叩いて来て(この「叩く」は例えば「一日に二時間叩く」、というような話ではありません)、いわば太鼓で生きて来た、太鼓に生かされて来たダラマンは、数少ないそのうちの一人と言っていいのではないかと思います。

ダラマンは、技術的なことにしても文化的なことにしても引き出しの数が多く、たいていの質問には答えが返ってきます。もちろん、答えられない質問もありますし、本人はいつも「自分はまだ生徒(弟子)だ」と言っています。その言葉に違わず、日本でも、自分のクラスに参加して下さる方々から、多くのことを学び取っているのだろうと思います。

内陸国であるためか、あるいはそこに暮らす人々の精神性ゆえか、マリの伝統的な音楽は連綿と受け継がれているように見受けられます。

例えば…と、この話は長くなりそうなので、別の機会に譲ることにして、その「伝統」を特に「守らなければ」と意識しているわけではなく、まず第一にそれが「好き」で学んで来たダラマンには、「伝統」がまさに「身に付いている」ように見えます。

なおかつ、それ(伝統)だけではないということは、「まだ生徒だ」という彼の言葉に集約されているような気がします。

なんだか論点がずれてきてしまいました。まあ、とにかく、一度クラスに来てもらえれば、なんとなく分かってもらえるんじゃないかと思うのですが…。ちょっとほめ過ぎたかもしれませんね(笑)。

(文責:ジャバテミネコ)
[PR]