<   2007年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

10月28日は、ジェンベ2名、ドゥンドゥン1名(!)の、寂しいクラスとなりました。

けれども内容は充実していました。

ジェンベの曲はマラカ。
いつもは1回に3、4フレーズ学ぶことが多いのですが、今回は2つに留まりました。

「頭ではわかっても、体が言うことを聞かない」フレーズがあったため、集中的に長時間同じフレーズをたたき続けました。
「なぜ体が言うことを聞かないか」についても少し触れ、その克服を今後の課題としました。


ドゥンドゥンの曲はサンディア。
思いがけず「グルーヴ」の話になりました。

クロッシュの音数が多い部分で、どうしてももたってしまうことから、そのフレーズを集中的に解説+模範演奏→ゆっくりたたくとどうなるか/はやくたたくとどうなるか、などいろいろと試しながら、「難しさの本質」にせまる作業をしました。

参加者Nさんが抱いていた疑問は、グルーヴの理解が十分でなかったことからくるものだということが、その作業をすすめるうちに分かってきました。

そこで、ダラマンに少し踊ってもらいました(「自分は踊れない」といつも言うのですが)。
それによって、大分理解が進んだように見受けられました。

こんなとき私はとてもうれしくなります。
教える人と学ぶ人との間に入り、両者を仲介させてもらうことの醍醐味を、こんな時に感じます。

学ぶ人の抱えている問題は何なのかを、クラスの中での様子から推察し、いろんな角度から質問を重ねて徐々に浮き彫りにしていく。
そして、その問題を解決するにはどうしたらよいかを導き出すお手伝いをする。
難しいけれど、私自身がクラスに臨む際に常に課題としていることです。

これまで、この作業によって私自身も多くのことを学ばせていただきました。
こういうことがあるから、参加人数が少なくてもクラスを続けていこうと思えるのかもしれません。

Nさんにも話しましたが、クラスの最中にどこかで「ひっかかって」くれることが、学びを深いものにしてくれます。
この日Nさんが「ひっかかっ」た部分も、もしサラッと「まあ、なんとなく」できてしまっていたら、深い考察はなかったでしょう。

よく「あの人の太鼓はなまっている」という表現を聞きます。
私は「通」ではないので、そういうところまで聴き分けられるかどうか分かりませんが、今日の体験で感じたことがありました。

叩き手個人の「なまり」というのも存在するのかもしれませんが、それ以前に、曲そのもののグルーヴを本当に理解しているかどうかという問題もあるような気がする、ということです。

例えば、叩き手個人の「なまり」だと思っていたものが、曲そのもののグルーヴを深く理解すれば、じつは「そう叩く以外にない」叩き方であると分かる、みたいな場合もあるような気がするのです。
そしてもちろんそこに、さらに微妙に叩き手個人の「なまり」ものっかってくる場合もあるでしょうが。。。

文字で説明するのは難しいですね。

分け入っても分け入っても泉のところへは辿り着けない。
深い深い森です。
太鼓は。

どこを分け入るか、どのように分け入るかは学び手次第です。
当然のことながら、私ではガイドは務まりません。
一緒に迷いましょう。
とりあえず水筒だけは持って行きますからご安心を。
[PR]
西アフリカ・マリ共和国へのワークショップツアーのお申し込み締め切りは、11月末日とさせていただきます。

先着10名の方にはマリ製プロ仕様の太鼓を差し上げます。

ツアーについての疑問は、khasso@excite.ne.jpまでお気軽にメールをお送り下さい。

お申し込みをお待ちしております。
[PR]
ちらし画像でお知らせしておりますワークショップツアーについて、再度お知らせします。

まだまだあまり知られていない、マリの音楽。
日本で太鼓クラスを開催しているマリ人ミュージシャンは、今のところダラマン・ジャバテだけです。
しかも、クラスの会場は主に東京。
東京からは遠い地域にお住まいの方で、マリの音楽をネイティブのミュージシャンから学びたいと思っていらっしゃる方には、ご参加いただくのもなかなか難しい状況ではないかと思います。

そこで。

この際ですから、思いきって、マリへ行ってみませんか?

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

第1回 ダラマン・ジャバテと行く 
ドゥンドゥン/ジェンベ/ダンス
ワークショップ・ツアー in バマコ


●日程●
 2008年2月9日(土) 〜 2月24日(日)

●参加費●
カソンケドゥンドゥン、ジェンベ、ダンスクラスの
いずれか1科目受講の場合: 150,000円
2科目受講の場合:175,000円
3科目受講の場合:200,000円

●宿泊●
Villa(一軒家)を借り切って、参加者でシェアします。
参加者の人数によって変動しますが、2人部屋(場合によっては3人)が基本となります。

●食事●
マリの一般的な家庭料理です。
1日3回、現地の形式で給仕されます。
ミネラルウォーターも支給されます。

f0132333_20312832.jpg


●参加費に含まれるもの●
バマコ空港〜宿泊地への送迎交通費、宿泊費、食費(1日3食+ミネラルウォーター)、レッスン会場費、講師謝礼。

●参加費に含まれないもの●
日本〜マリ往復渡航費、海外旅行保険料、マリ入国査証代、予防接種費用など渡航に関わる費用および個人的な出費。

●参加にあたっての注意事項●
1. 本ツアーは現地(バマコ)集合・現地解散のワークショップ・ツアーです。
   日本〜マリ往復の渡航費用および渡航準備に関わる費用は参加費に含まれません。

2. マリ入国には査証および黄熱病予防接種証明書(イエローカード)が必要です。
   各自お早めにご準備下さい。
    ◆査証については、在日マリ大使館(http://www.ambamali-jp.org/ja/index.html)へ
    ◆予防接種については、東京検疫所
(http://www.forth.go.jp/keneki/tokyo/syokai/yobo.html)へ

3. 現地での万一の事故、怪我、病気などに際しては、スタッフができる限りサポートに当たりますが、最終的には参加者本人の自己責任となります。海外旅行保険には各自ご加入下さい。

4. 天候、天災、社会情勢などにより、ツアー内容や日程に変更が生じたり、キャンセルとなる場合があります。あらかじめご了承下さい。

●ワークショップについて●
クラスは月曜日から金曜日の平日のみ行います。
土曜日、日曜日は終日自由行動となります。
(結婚の宴などが開催される場合(主に日曜日)、希望者は見学できます。)

f0132333_20322345.jpg
f0132333_20324586.jpg


●平日のスケジュール●
8:30 - 9:30   朝食
10:00 - 11:30   ドゥンドゥンクラス
11:45 - 13:15   ジェンベクラス
13:15 - 14:30   昼食
14:30 - 16:00   ダンスクラス
16:00 - 20:00   自由時間
20:00 - 21:00   夕食
21:00 -             自由時間
(予定です。多少前後することがあります)

●お問い合わせ/お申し込み●
khassoーカソー  代表:ジャバテミネコ
e-mail : khasso@excite.co.jp
tel : 080-5373-4150
[PR]
マリまでの航空経路は?というご質問がありましたので、簡単にお答えします。

日本からマリまでは、現在直行便はありません。
そのため、いろいろな方法が考えられます。
乗り換えで比較的便利なのはパリ経由だと思います。

時間に余裕があるならば、パリまで格安の航空券を探し、パリからバマコへはチャーター便(週に数回、必ず飛ぶとは限らない)で行く、というパターンが一番安上がりでしょう。

ただし、チャーター便は確実性にかけるので、スケジュールに余裕のない方、言葉に自信のない方にはおすすめできません。
また、同日に乗り継ぎができないと、パリで1泊から数泊することになり、結果的に高くつく、という場合もあります。

一番確実で予約なども簡単なのは、日本からパリまでとパリからバマコまでを、すべてエールフランスで行く、という方法ではないでしょうか。
価格的には一番高くなってしまうかもしれませんが。

間をとって、パリまで格安で、パリからバマコはエールフランスで、という方法もありますね。

また、パリからカサブランカ経由でバマコまでという便が、モロッコ航空であります。
こちらのほうがエールフランス便よりは若干安いですが、時間がかかります。

ツアーに参加を希望される方で、どういう方法をとるかが一致する方はなるべく一緒の便で行かれるといいのではないかと思っています。
そのあたりのアドバイスは個別にさせていただくつもりでおります。

よろしくご検討下さい。
[PR]
●○●○●○● 『マリの井戸端』  1e session ●○●○●○●

マリの家庭料理を、日本で手に入る食材で調理し、味わってみませんか?

以前から料理のワークショップを開催したいと考えていました。
「料理教室」でなく、「ワークショップ」です。

「料理教室」ではないので、作って、食べて、終わり、ではありません。
参加者のみなさんに、作りながら、食べながら、おしゃべりしながら、いろんなことを感じていただき、考えていただきたい。
感じていただき、考えていただけるような、時間と空間を提供したいと考えています。

「マリの家庭料理」を題材に、食べる、ってなんだろう?と、参加者のみなさんとともに考えてみたい。

マリの台所ってどんなところ?
マリの女性はどんな風に調理するの?
どんな食材をどんな風に食べるの?

などなど、一年間のマリ滞在で知りえた、食をめぐる文化についてご紹介できればと考えています。


<日時>  11月4日(日)  10:00〜12:00

<会場>  弦巻区民センター(東京都世田谷区弦巻1-26-11)
              http://keyaki.city.setagaya.tokyo.jp/web/

<交通>  
・世田谷線世田谷駅徒歩12分
・田園都市線駒沢大学駅または桜新町駅各徒歩14分
・バス向天神橋(渋谷駅~弦巻営業所、等々力操車所~祖師ヶ谷折返所)

<料金>  2,000円

<講師>  ジャバテミネコ

<その他>
・保育はありませんが子供連れでもかまいません。ただし火や刃物を使用しますので、子供に危険の無いよう、自己責任での同伴ということをあらかじめご承知置き下さい。
 ・人数を把握したいので、11月1日までに必ずメールか電話にてご予約下さい。
 ・料理をお持ち帰りになりたい方は、タッパーなどをご持参下さい。
・都合により、プログラムに変更が生じたり、中止になる場合があります。あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ/お申し込みは:
e-mail : khasso@excite.co.jp
電話 : 080ー5373ー4150 ジャバテミネコ
[PR]
<11月のクラス日程>

今月は都合により、クラス開催は2回のみの予定です。

11日、17日午後または18日に場所が確保できれば、プラス2回開催する可能性もあります。
現時点では確保できていません。変更があり次第お知らせします。

9月からクラス分けを試みていますが、クラス分けは厳密なものではありません。
初心者クラスは初心者に、中級者クラスは中級者に、それぞれ照準を当ててクラスを進めていく、といった程度の分類です。
中級者の方でも、ゆっくり進むことに抵抗がなければ初心者クラスにもご参加いただけます。

クラス分けについて不安があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。


★11月4日(日) 初心者クラス
13:15-14:45 ジェンベ
15:00-16:30 カソンケドゥンドゥン

★11月24日(土) 中級者クラス
13:15-14:45 ジェンベ
15:00-16:30 カソンケドゥンドゥン


<会場&交通>  http://keyaki.city.setagaya.tokyo.jp/web/
■弦巻区民センター(東京都世田谷区弦巻1-26-11)
★多目的室 ●第一音楽室 ▲第二音楽室
・世田谷線世田谷駅徒歩12分
・田園都市線駒沢大学駅または桜新町駅各徒歩14分
・バス向天神橋(渋谷駅~弦巻営業所、等々力操車所~祖師ヶ谷折返所)

<料金>
各クラス3,000円(1日通しで受講の場合、合わせて5,000円)

<注意事項>
・事前(できれば開催日2日前まで)に下記連絡先まで電話またはメールにてお申し込み下さい。
・ジェンベ、ドゥンドゥンのレンタル(料金各500円)をご希望の方は、数に限りがございますので、お申し込みの際にお問い合わせ下さい。
・都合により、プログラムに変更が生じたり、中止になる場合があります。あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ/お申し込みは:
e-mail : khasso@excite.co.jp
電話 : 080ー5373ー4150 ジャバテミネコ
[PR]
少し遅くなりましたが、10月20日のクラスの様子をご報告します。

ジェンベは中止となりました。

ドゥンドゥンは3名の参加者でした。
曲はマラカ。

f0132333_13502466.jpg


いつものように、既にやったところの復習から始まり、新しいフレーズを加えながら繰り返し練習しました。
[PR]
10月14日の初心者クラスの様子をご報告します。

ジェンベの参加者は5名でした。
曲はマラカ。

最初に、続けて参加されている方にこれまでのところを叩いてもらいました。

それから、全く初めての方がいらしたので、音の種類についての簡単な説明がありました。
その後アペルから始まって伴奏へ。

f0132333_17152969.jpg


そろってきたところで、ソロフレーズに移りました。
第3フレーズまで進みました。

マリのリズムは難しい、とよく言われることについて、ダラマンからひとつの視点の提示がありました。

「日本でジェンベを叩く人の多くが、利き腕でない腕をうまく使えていないように感じる」。
「難しいフレーズでなくても、両手を同じように使えないとうまく叩けないフレーズもある」。

そのためにどういう練習をすればよいか、アドバイスがありました。


ドゥンドゥンは4名の参加者がありました。
曲はサンディア。

f0132333_17222320.jpg


こちらも、続けて参加されている方にこれまでのところを叩いてもらうところから始まりました。

その後、アペル、伴奏と続き、初めての方は続けて伴奏を、続けて参加されている方は続きのソロフレーズへと進みました。

質疑応答では、各フレーズが演奏される順番についての質問があり、説明がありました。
[PR]
10月6日のクラスの様子をご報告します。

ジェンベクラスには申し込みがなかったため、中止いたしました。

ドゥンドゥンクラスの参加者は3名でした。
リクエストにより、マラカをやることになりました。

f0132333_17495524.jpg


アペル(イントロ)から伴奏、その後ソロフレーズへすすみ、ほとんどノンストップで繰り返しながら、第6フレーズまですすみました。

ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/

前回、ジェンベの初心者クラスでマラカをやりました。
そして今回、ドゥンドゥンの中級者クラスで同じくマラカをやりました。

初心者クラスと中級者クラスで同じ曲?
聞かれたわけではないのですが、説明しておきたいと思います。

たとえばクラシックピアノなどでは、習得の段階によってある程度曲が決まっていて、「今なになに(曲名)をやっている」というと、その人が何年くらいやっているか、どの段階にいるか、などがわかるようです。

けれどもマリの太鼓に関しては、そういう「段階」というものはありませんし、「練習曲」のようなものもありません。
ある曲ができたら別のある曲ができる、というシステムはないのです。

確かに、曲によって「この曲は難しい」といえるようなものもあるにはありますが、曲の難易度は、たたき手の好みによるところもありますし、もっと言えば、全ての曲に難しい箇所がかならずあります。

ですから、クラス分けは主に「すすめ方」という部分でしています。
決まったメソッドに従って進めるわけではないので、その日の面子によっても進め方は違ってきます。
同じ理由から、初心者クラスだからといって必ず「ジェンベには3つの音があって…」から始めるわけでもありません。
[PR]
<10月のクラス日程>

9月からクラス分けを試みています。
今月も初心者クラスと中級者クラスを隔週で行っていく予定です。

クラス分けは厳密なものではありません。
初心者クラスは初心者に、中級者クラスは中級者に、それぞれ照準を当ててクラスを進めていく、といった程度の分類です。
中級者の方でも、ゆっくり進むことに抵抗がなければ初心者クラスにもご参加いただけます。

クラス分けについて不安があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。


★10月6日(土) 中級者クラス
13:15-14:45 ジェンベ
15:00-16:30 カソンケドゥンドゥン

★10月14日(日) 初心者クラス
13:15-14:45 ジェンベ
15:00-16:30 カソンケドゥンドゥン

★10月20日(土) 中級者クラス
13:15-14:45 ジェンベ
15:00-16:30 カソンケドゥンドゥン

★10月28日(日) 初心者クラス
13:15-14:45 ジェンベ
15:00-16:30 カソンケドゥンドゥン


※上記いずれかの枠が、ダンスクラスに変更になる場合があります。
 変更の際にはブログにて告知いたします。

<会場&交通>  http://keyaki.city.setagaya.tokyo.jp/web/
■弦巻区民センター(東京都世田谷区弦巻1-26-11)
★多目的室 ●第一音楽室 ▲第二音楽室
・世田谷線世田谷駅徒歩12分
・田園都市線駒沢大学駅または桜新町駅各徒歩14分
・バス向天神橋(渋谷駅~弦巻営業所、等々力操車所~祖師ヶ谷折返所)

<料金>
各クラス3,000円(1日通しで受講の場合、合わせて5,000円)

<注意事項>
事前(できれば開催日2日前まで)に下記連絡先まで電話またはメールにてお申し込み下さい
・ジェンベ、ドゥンドゥンのレンタル(料金各500円)をご希望の方は、数に限りがございますので、お申し込みの際にお問い合わせ下さい。
・都合により、プログラムに変更が生じたり、中止になる場合があります。あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ/お申し込みは:
e-mail : khasso@excite.co.jp
電話 : 080ー5373ー4150 ジャバテミネコ
[PR]