画像紹介、第三弾。
続いては、こちら。



収録は2006年。
結婚の宴@ボリバナ/バマコです。

画像提供者はたぶんバマコに拠点を置いているベルギーのひとだと思います。

カリムチームの宴ですが、ここではカリムは叩いていません。
マゼーが楽しそうで少しほろりとしてしまいます…
唄はトゥマ・ジャバテさんとそのお姉さん。
曲はサンディア。

太鼓的にはすこしわかりにくい感じでしょうか。
特に早くなった時のクロッシュ(カソンケ・ドゥンドゥンのほう)がよく聞こえませんね。
でもまあ、ゆっくりのところも盛り上がったところも入っているし、宴の要素は網羅されている気はします。

「横置き重ね牛ドゥン」は、カリムチームの定番です。
最近は増えてきたみたいですが、以前はあまり見かけませんでした。
マリスタイルではないので、これをあまり好まないひともいます。

タマニフォラがたくさんいるのもカリムのところの特徴ですね。
概して若い子ですが、若いどころか3、4歳くらいの子もいます(ここでは叩いていませんが)。

マリのタマニフォラはすごいです。ほんっとに。
是非、マリに行って観て聴いてきてください。

マリの宴のキーワードは、「緩急・強弱」だと思います。
「急」に入ると、日本では相当叩けるような人でも、ついて行けない人がほとんどではないかと思います。
それはそれはすごいです。

不思議なんですが、彼らはどんなに疲れてても、行く時は行くんですね。
行けるんです。
というか、行っちゃうんです。

行かずにはいられないのでしょう。

紙を二つに折るとします。
角と角がぴっちり合っていないと気が済まない人っていますよね。
そういう人が、誰かが折った紙を見て、ぴっちり合っていなかったら、すごく気持ち悪いですね。

それと同じで、それぞれの音にははまるべきところがあって、そこから1mmでもずれたら気持ち悪い。
その物差しが1mmなのか1cmなのか1ミクロンなのか…そういう違いに似ているのかも、と思ったりします。

その感覚が繊細であっても、それについて行ける肉体がなければならない、ということは言えるでしょうが、でもそういう肉体があればできるかっていうと、そうでもないような気がするんですよね…

感覚→身体というベクトルの質が違うというか(ベクトルに質なんてないですね、量、でしょうか)…

脱線しすぎました。
ながながとすみません。

ところで、ダラマンの太鼓クラスでも、こういったわずかな「ずれ」が問題になることがよくあります。
難しくもあり、おもしろくもあり、ですね。
[PR]
by khasso | 2010-04-29 01:00 | 画像
画像紹介、第二弾。
次は、これです。



「Dansa」でアップされていますが、正確には「Sandagoundo」です。

収録は2004年2月9日。
バテム(名付けの宴)@バンコニ/バマコ。

マリ国立民族舞踊団のカリム・トゥンカラさんが、前出のマゼーさんの兄弟の子どもに名前をあげたので、そのお披露目の宴です。
こういう場合の主催者は、名前をあげたカリムです。
名前をもらった方ではないんですね。

画像提供者はカリムのポーランド人の生徒さん。
最後の方で踊っているのは舞踊団のセェトゥ・クヤテさんです。

この宴は、私がマリに着いて間もない頃に行われた宴です。
あれから6年…そんなに経つんですね。
[PR]
by khasso | 2010-04-27 20:20
画像紹介、第一弾。
まずは、これ。



収録は2002年。
ダンサのデモです。
ダラマンのフランス人の生徒さんが録画したものです。

ジェンベをたたいているのはマゼー。
ダラマンのCDでもたたいてくれています。
大変残念なことですが、2009年に亡くなってしまいました。
もう会えないかと思うと、胸が痛みます。

ご冥福をお祈りします。
アラカヒナァラ。
アラカイャファマ。
アラカダーヨロスマヤ。
[PR]
by khasso | 2010-04-26 21:50 | 画像
2009年も残すところ後少し。
遅くなりましたが、2010年のワークショップ・ツアーを企画しました。
次回で3回目となります。
なんと、参加費は前回の(というか、初回からですが)割引料金を据え置き!
f0132333_13141335.jpg


これまで、マりへ行ってみたいと思いながらもなかなか実現できなかった方、ぜひこの機会に本ツアーへご参加下さい。
f0132333_13144814.jpg

ところで、参加ご希望者が少ない場合、ツアーを開催できないことがございます。
航空チケットなどをお買い求めになる前に、必ず開催の可否を当方までご確認下さい。

f0132333_1315191.jpg

/_/_/_/_/_第3回 ダラマン・ジャバテと行く_/_/_/_/_/ 
/_/_/_/_/_ワークショップ・ツアー in バマコ_/_/_/_/_/

●日程●
2010年2月8日(月)から19日(金)

ワークショップは月曜から金曜の平日のみで、土日は終日自由行動です。
前回は全ての日曜日に宴があり、見学や参加をしました。

●参加費●
ジェンベ、ドゥンドゥン、ダンスの
いずれか1科目受講の場合:150,000円
2科目受講の場合:175,000円
3科目受講の場合:200,000円

●講師●
ジェンベ、ダンスはマリ国立民族舞踊団所属のアーティスト。
ドゥンドゥンはもちろんダラマン・ジャバテが担当します。

●宿泊●
ヴィラを借り、参加者でシェアします。
参加人数によっては変動しますが、2人部屋(場合によっては1人)が基本となります。

●ワーク会場●
宿泊地にて行います。

●食事●
マリの一般的な家庭料理を1日3回、現地の形式で給仕します。
1.5リットルのミネラル・ウォーターを1日1本支給します。

●参加費に含まれるもの●
宿泊費、食費、レッスン会場費、講師への謝礼。

●参加費に含まれないもの●
日本ーマリ間往復渡航費、海外旅行保険代、マリ入国査証代、予防接種費用など渡航に関わる費用、バマコ空港ー宿泊地往復交通費、および個人的な出費。

●ご参加にあたっての注意事項●
1. 本ツアーは現地(バマコ)集合/解散のツアーです。
2. マリ入国には査証および黄熱病予防接種証明書(イエローカード)が必要です。
各自お早めにご準備下さい。
3. 現地での万一の事故、怪我、病気などに際しては、スタッフができる限りサポートに当たりますが、最終的には参加者本人の自己責任となります。海外旅行保険には各自ご加入下さい。
4. 天候、天災、社会情勢などにより、ツアー内容や日程に変更が生じたり、キャンセルとなる場合があります。あらかじめご了承下さい。

●お問い合わせ/お申し込みは●
Khassoーカソー 代表:ジャバテミネコ
Tel : 080-5373-4150
e-mail : khasso@gmail.com
[PR]
ライブのお知らせです。
f0132333_14143430.jpg

f0132333_14162857.jpg

ダラマンはLE TRIO MALIENのメンバーとして出演します。

LE TRIO MALIENとは…

メンバーは流動的ですが、マリ人アーティストで構成されたスペシャルユニットです。

今回は、現在マリから来日中のジェンベフォラ、カリム・トゥンカラ氏、アメリカから来日中のダンサー、セェドゥ・クリバリ氏、ダラマン・ジャバテで構成されています。
前回のイブライマ・サール氏、ブライマ・(バンジュク)・クリバリ氏、ダラマンとで作り出した世界とはまた全然違ったものをみせてくれるでしょう。

カリム氏とダラマンは幼い頃から一緒に演奏をしてきた幼馴染でもあり、マリ国立民族舞踊団でも長い間同僚として舞台をつとめてきました。
つまり、ストリートでも一緒、バレエでも一緒。
「マリの太鼓」のいろんな面が観られること必至です。
(ダラマンの「本気たたき」も観られそうです…)

前売りチケットご希望の方は、080-5373-4150ジャバテミネコまで、またはkhasso@gmail.comまでご連絡ください。


以下、詳細です。


****************************************

2009年10月2日(金)
・タイトル 
東京タムリンピック 2009

・キャッチフレーズ
セネガルのライオン軍団
舞う歌姫、ギニアのハマナ陣、
マリの親方衆
福岡のアフリカンゆるゆる帝国

タムリンピック?競い合い?いえいえ磨き合い。
全員金メダル級の来日アフリカ人ジェンベマスター、
ダンスマスター達の夢の祭典。こんな事めったにないよ。
太鼓好き、ダンス好き全員集合せよ!!

・イベントの説明
昨今の来日ジェンベアーティストラッシュに日本のアフリカン
ファンは飽和状態っちゅうか、どれ行ったらいいか分からん、
お金が続かん!でもせっかくきてくれてるんだから、いっかい
一緒にやっといた方がいいでしょ。
セネガル、ギニア、マリ、日本、同じ夜に共演する事に意義が
ある。日本のジェンベシーンに幸あれ。


出演者
*LE TRIO MALIEN avec TamTam楽団(MALI)
*HAMANAH KALOU(GUINEA)
*Bayefall Revolution(SENEGAL)
*FOLIKAN(JAPAN)

開催日時:
10/2(金)
open:18:30
start:19:00

場所:新代田FEVER 
〒156-0042
東京都世田谷区羽根木1-1-14 新代田ビル1F
TEL:03-6304-7899 (新代田駅(京王井の頭線) 徒歩30秒)
http://www.fever-popo.com/

チケット代:前売り3500円/当日4000円

前売りチケットは
出演者から直接、または
多摩ジェンベファクトリー
アフリカ屋
でご購入いただけます。

なんとっ団体割引あり!(前売りチケットに限り)
10名以上は1名3000円也~。グループの方々は是非是非。

問い合わせ
TEL:03-6304-7899 (FEVER)
mobile:090-5218-5040 (カトウ)
mail:torodocamp@gmail.com

主催:さかぽこ企画/多摩ジェンベファクトリー
協力:アフリカ屋
[PR]
直前ですが、ライブのお知らせです。

f0132333_20182135.jpg


『巨匠ファムドゥ・コナテの子供たちと
ギニア・マリ・セネガル・ケニアからのおくりもの』

9/5(土)
会場 :EATS and MEETS Cay/B1F
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
TEL:03-3498-1171

西アフリカ・ギニアのジンベ奏者の巨匠ファムドゥ・コナテの娘、
ファンタ・コナテ初来日、第一弾ライブ!

世界に名高いギニアを代表するジャンベ・フォラ、ナンサディ・ケイタの美しい太鼓の音色と、セクバ・ケイタのドゥンドゥン、ファンタ・コナテの唄と素晴しい踊りで繰る広げられるギニア、クルサ地方の伝統音楽の共演がついに実現。

他にも、ケニア(Anyango with nyatiti warembo!!)、マリ(ダラマン・ジャバテ&tamtam楽団)、セネガル(Bayefall Revolution)がアフリカの美しく、力強い音楽と舞踏を披露します。

なんとも贅沢な一夜を是非、お見逃しなく。


◆イベント概要◆
時間:open 18:00 start 19:00
料金:¥4,000
出演:ナンサディ・ケイタ
   ファンタ・コナテ
   セクバ・ケイタ
   Anyango with nyatiti warembo!!
   ダラマン・ジャバテ&tamtam楽団
   Bayefall Revolution
[PR]

昨夜はダラマンのCDリリース記念ライブTeriyaでした。
たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

対バンをこころよく引き受けてくださったANICHEさん、TANGANA JERさん、どうもありがとうございました。

いつもダラマンが一緒に演奏させてもらっているtamtam楽団(ありがとう!)は、今回はこれまでと違った楽器構成で、「太鼓ばかりではないアフリカン」を見せてくれました。
音楽的に、より広がりを持った方向へ進もうとしているようです。
デッサンのタッチが変わった、というような印象を受けました。

ところでこのライブは、もともとは「ダラマンのクラスの生徒たちの発表会」がメインテーマでした。
ダラマンの生徒たちにとっては、初めてのライブでしたが、みな楽しみながら演奏することが出来ました。
二曲だけでしたが、それぞれがこれまで学んできたことを出し切れたのではないかと思っています。
お越しいただいたみなさまにも楽しんでいただけたなら幸いです。

とにかく、楽器を演奏することは、理屈抜きに楽しいです。
(プロの方々には苦しい部分もあるかもしれませんが、それもひっくるめて、やっぱり楽しいから演奏するのだと思います)

よく「マリの太鼓は難しい」というようなことを耳にします。
それはそうでしょう、といつも私は思います。
それは「あらゆる楽器は難しい」という意味において、それはそうだ、と思うのです。
「マリの音楽は奥が深い」ということも耳にします。
これも同じことです。
「あらゆる音楽は奥が深い」という意味において、それはそうだ、と思うのです。

クラスで「難しい~」という声があがったときなどに、ダラマンがよく言うことがあります。
「やる気を持って続けていればいつかはできるようになる。『できない』と思ったらできるようにはならない。大事なのは自分の楽器を愛することだ」

ダラマンはドゥンドゥンが好きで好きで仕方ないようです。
多分、子どもの次くらい、じゃないでしょうか(本人に聞いてはいませんが)。
そして私の目からは、ドゥンドゥンもダラマンのことが好きで仕方ないように見えます。

手前味噌になりますが、ダラマンのクラスでは、そういうエスプリも含めて学ぶことができると自負しています。
これからも、音楽を愛するたくさんの人に、音楽とそれを超えた何か、対面でしか学び得ないものを学んでいただける場にしていきたいと思っています。

たくさんの方々に支えられていることを、心からありがたく感じています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

ジャバテミネコ
[PR]
CDリリースを記念して(?)ライブを行います!!!

出演は、ソウルウバのANICHE、サバールのTANGANA JER、そしておなじみのTam Tam楽団。
さらに今回は、ダラマンのクラスの生徒さんたちも、日頃の練習の成果を披露してくれます。


Dramane Diabate 1stCD
「Traditionnel Khassofoly」release party  

「Teriya」


f0132333_12481964.jpg



2009年7月18日土曜日
open18:00
start19:00
@カラバッシュ(浜松町) 

¥2000 with 1drink


Dramane Diabate

アフリカの伝統的なリズムからジャズまで、フレキシブルに対応できるテクニックと感性を併せ持つ、カソンケ・ドゥンドゥンのスペシャリスト。
西アフリカのマリ共和国・カイ地方に拠点を持つカソンケ民族のジェリ(グリオ)の家系に生まれる。
幼少時より様々な伝統楽器に親しみ、殊にドゥンドゥンにおいてその才能を開花させる。
16年に及ぶマリ国立民族舞踊団での活動を経て2005年より日本に拠点を移す。
現在、世田谷小金井で、太鼓のクラスを開催中。



出演

ANICHE
日本ソウルウバ協会の重鎮"アニチェ”。
日本全国、北は赤羽、南は弘明寺より集められた奇跡の3MC。
彼らの美声ハーモニーはまさに和製BOYZ �MEN。
オリジナルリリックで今の社会を撃ち抜くパーカッション界の"ゴルゴ13”。

TAMTAM楽団
Mr.DJEMBE"TAKUMI”、ピストの"HAL”、学生の"WAZAAKY”、BAMAKOのジャイアン"DRAMA
NE”からなる男達の熱いRock'N Roll Band、TAMTAM楽団JAPON。
それに加えて超ワサワサなダンサー"日光”のセクシーダンス。
届け!!オレ達の心の叫び。さぁ みんなで歌おうシコライコー。

TANGANA JER
酔拳サバールHIDE夫婦らが奏でる爆笑ブラックカーペット。それに合わせて繰り広げら
れるオリジナルアフリカンワイニー。
人気絶頂のこのTROOP SOUNDはアフリカ以上にアフリカ!!
モロッコからの刺客ファティマタダンスでみんな一緒にBINBINBIN。

Kalan denya
武蔵小金井、世田谷から集まったダラマンの生徒達。
がんばります。
[PR]
by khasso | 2009-06-18 21:55
Dramane DIABATE
1st アルバム

TRADITIONNEL KHASSOFOLY


2009年3月、マリ共和国バマコにて収録f0132333_13361594.jpg

カソンケ・ドゥンドゥンのスペシャリスト、ダラマン・ジャバテが、1st アルバムをリリースしました。


f0132333_133626100.jpg


タイトルどおり全篇カソンケ(マリ共和国のカイ地方を拠点とする民族)の伝統的なリズム、歌で構成されています。

カソンケ・ドゥンドゥンの魅力が、余すところなく収録され、これまでに類のないアルバムに仕上がっています。

ジェンベメインのCDとは一味もふた味も違う、「もうひとつの西アフリカ」を堪能していただけることでしょう。



ご購入をご希望の際は、下記までお問い合わせください。

ジャバテミネコ
e-mail : khasso@gmail.com
Tel : 080-5373-4150
[PR]
by khasso | 2009-05-09 17:19 | 音楽
今週末、アフリカン・レストラン、カラバッシュでライブがあります。

ダラマンは、tamtam楽団のみなさんとご一緒させていただきます。
マリの曲をお楽しみ頂けると思います。

踊り飛び入り大歓迎だそうです。
出演の順番は未定だそうですので、最初からいらっしゃるのがお勧めです。


場所:浜松町カラバッシュ
日時:11/15日(土) 
OPEN 18:30   START 19:30
チャージ¥2,000 / with 1 drink

出演:
アニチェ
tamtam楽団
メタルギニー
[PR]